取扱い医薬品 ~まつ毛貧毛症の方へ~

グラッシュビスタ® (塩野義製薬:国内でも安心できる製薬会社より発売)

院長写真

まつ毛が少ない、もっとボリュームを出したい!とコンプレックスをお持ちの方でも、コンプレックスをなくせられる、まつ毛のボリュームと長さを改善する、厚労省認可の医薬品です。(医療機関のみの取り扱い:但し自費)。

そして、国内での承認品は「グラッシュビスタ®」だけです。

エクステによる眼、そして皮膚の健康被害が後を絶ちません。そんな方に是非、ご紹介したいと、取り扱いを決めました。

グラッシュビスタ®は、米国ではFDA注1)の承認により2009年から睫毛貧毛症治療(まつ毛貧毛症治療)に使われており、2013年10月の時点で世界23ヵ国で承認され、多くの方々に使用されている医療用医薬品です。

日本では2014年3月に厚生労働省によって製造販売が承認され、同年9月から使用できるようになりました。


2015年12月の時点で、「グラッシュビスタ®外用液剤 0.03%5mL」は国内初・唯一*の睫毛貧毛症治療薬(まつ毛貧毛症治療薬)として製造販売承認を受けた製品であり、主要成分であるビマトプロスト(Prostaglandin F2α誘導体)の作用によりまつ毛が不十分であったり、不足している患者さんのまつ毛の「長さ」、「太さ」、「濃さ」を改善することが臨床試験で認められています。

■ 承認品のメリットは?

承認品である「グラッシュビスタ®外用液剤 0.03%5mL」が原因で発生した副作用などの健康被害は、
医薬品副作用被害救済制度という公的な制度や、製造物責任法の対象となり、救済給付を受けることのできる体制があります。これらの制度や法律は、国内で製造販売承認を得ていない医薬品には適用されません。
※すべての副作用被害に対し適用となるものではありません。


グラッシュビスタ®の効果は?

■ 日本人での臨床試験において、特発性睫毛貧毛症及びがん化学療法による睫毛貧毛症の成人患者にこの薬を4ヵ月間使用した結果、それぞれの患者において、評価スケール(GEA-J)*で1段階以上の改善が77.3%(68/88例)、及び88.9%(16/18例)の割合で認められました。



★グラッシュビスタ®を使う前に、確認すべきことは?

●次の人は、この薬を使用することはできません。
•過去にグラッシュビスタ®に含まれる成分で過敏な反応を経験したことがある人

● 次の人は、慎重に使う必要があります。
•水晶体の無い人、眼内レンズを挿入している人
•目の手術をした人

● この薬には併用を注意すべき薬があります。他の薬を使用している場合や、
新たに使用する場合は、必ず医師または薬剤師に相談してください。

● 妊婦または妊娠している可能性がある人は原則として使用を避けてください。

● 授乳中の婦人は使用を避けてください。やむを得ず使用する場合には授乳を
中止してください(動物実験で母乳に移行することが報告されています)。

● 小児(15歳未満)に対する安全性は確立されていないので、ご使用を避けてください。

● 眼疾患または眼手術後で治療中の人は、必ず医師にご相談ください。

● 他の医師を受診する場合や、薬局などで他の薬を購入する場合は、必ずこの薬を使用していることを医師または薬剤師に伝えてください。

● 高齢の人には、使用された経験が少ないため慎重に使う必要があります。

● 男性に使用された経験は限られています。

~ご注意~

このマスカラ本体は、自費 となります。

上記の健康チェックが必要なので、まずは眼科受診をお願い申し上げます。(現在治療中の病気、また、眼疾患がないかを確認するためとても必要です。ご了承ください。)