診療内容詳細 About the details of our care

白内障・緑内障・(糖尿病などの)網膜症・(加齢などの)黄斑変性症

施設写真

加齢で出てくる病気は様々ですが、特に目に限っては、

加齢や、糖尿病などの代謝疾患で、水晶体が濁る白内障
40代~20人に1人がなる気付かないうちに視野がかけ、場合によっては失明に到ってしまう緑内障
最近、有病率が上がっており、またiPS報道で注目を浴びている加齢黄斑変性
糖尿病などの生活習慣病で発症する網膜症

などがあります。

白内障

白内障といえばすぐに手術、と考える方々が私たち眼科医の予想以上に世の中には多いようです。

確かに、眼をカメラと例えると、その中のレンズが濁ってしまうわけですから、根本治療は手術になります。しかしながら、手術は基本的に一回しかできませんし、見にくかったら何でもすぐに手術か、といわれれば、そうではありません。

カメラのレンズの濁りはご自覚されるよりもずっとずっと前から少しずつ出てきて、またレンズ自体の色もずっとずっと前から、だんだんと透明から麦茶のような薄い茶色~濃い茶色っぽくなってきます。

その症状が出ない時点から、出来るだけ進まないようにすることも白内障の治療としては大切です(いわゆる予防医学)。私も眼科医ですから、手術すればきれいになることは重々承知しております。ただ、自分が逆にされる立場になることを考えると、本当は見えていないのに見えているつもり は困りますが、出来るだけ手術に至るまでの年齢を後ろに延ばしたい、とも思うのです。

特に、手術は白内障治療の終着点ではなく、通過点でもあるので、そこに至るまでの眼のケア、その後のケアがプライマリー治療としては大切だと考えております。

実際の治療としては、点眼・内服を軸に、ご希望があれば生活療法・サプリメントのご紹介 をしていきます。

緑内障

我が国が世界有数の長寿国となり、40歳ではまだまだ人生の折り返し地点である昨今、40代~の罹患率が20人に1人と決して珍しくなく、そして完治が出来ない病気の代表格が 緑内障です。

緑内障は眼の神経の病気で、進行します。しかし、両目で見ることで末期になるまで気が付かないことが少なくありません。

実に、緑内障になっている方の9割が気が付いておらず、そして、現在では、社会的失明原因の第1位になっているように、気が付かないうちに失明まで至ってしまう病気なのです。

末期から治療すると失明まで至りうる緑内障ですが、早期発見、早期治療を開始し、しっかりと治療を継続することで、多くの場合、失明まで到ることはありません。

緑内障診療に必要な検査は1)視力 2)眼圧 3)隅角検査 4)眼底検査 5)視野検査 6)網膜光干渉断層検査 です。(6)は最近普及した検査です。)

緑内障を診断したり治療経過の良し悪しを判断するには、定期的にこれらの検査を行う必要があります。緑内障の検査は基本的には定期的に生涯にわたって続けていく必要があります。

眼底検査は、視神経の障害の程度を判定するために行う検査です。視神経の眼球の出口(視神経乳頭)には、小さなくぼみがあり、緑内障ではこのくぼみが拡大します。健康診断などでは、よく「視神経乳頭陥凹拡大(ししんけいにゅうとうかんおうかくだい)」と判定されます。眼底検査は少しまぶしいことはありますが、痛みなどはありません。

最近では、光干渉断層計(OCT)などの三次元画像解析装置を用いて視神経乳頭や網膜の神経線維の厚みを測ることにより、緑内障をより適確に診断できるようになりました。

視野検査:見える範囲を調べる検査です。特殊な機械の前に座って、小さな光が見えるか見えないかでボタンを押します。30分近くかかる面倒な検査ですが、緑内障の進行具合を判断するために、最も重要な検査です。

緑内障の治療

緑内障は、眼圧を下げることができれば、その進行を防止したり、遅らせたりすることができる可能性のある病気です。正常眼圧緑内障でさえも、眼圧をさらに下げることで病気の進行を遅らせることができる可能性があります。

ただし、ひとたび障害されてしまった視神経は、残念ながら回復することはありません。また、どんなに手を尽くしても進行を止められない緑内障もあります。

しかし、早期に緑内障を発見できれば、言い換えれば、まだ視神経の障害が軽いうちに手を打つことができれば、失明に至る危険性はぐっと少なくなります。治療の目的は進行を止める、または遅らせることであり、回復させるものでないことをご理解ください。治療方法としては、薬物療法・レーザー治療・手術がありますが、すべての緑内障に対して同じ治療効果があるのではなく、緑内障のタイプやそれぞれの人に適した治療方針を決定していくことがとても重要です。

加齢などでおこる黄斑変性症

黄斑変性症の代表で、また、最近では新聞、マスメディアでしきりに取り上げられているのが加齢黄斑変性症ではないでしょうか?

また、理化学研究所でのiPSの報道でも取り上げられ、加齢黄斑変性という名前は皆様どこかで耳にしたことはあるかと思います。

加齢黄斑変性は、網膜の大事な黄斑という部分(ここで、90%以上の景色をくっきり見ている)が加齢により、悪い血管が出てきて(新生血管)構造自体を壊してしまう。という病気です。

3、4年前は、治療法がなかったため、治療が出来ず、私たちからすると、ただ、見ているだけしかできない病気の一つでした。

しかし、現在は、抗VEGF薬という、悪い血管が出てくる合図になっている物質を出てこないように食い止める薬を少量だけ眼球内(文字通り、眼の玉の中)に普通の注射よりも細い針で注入することで、治療が出来るようになりました。

しかし、薬剤自体が、外国で開発された薬で大変高価なため、例え保険診療であっても、患者様の経済的な負担は大変重くなります。(3割負担で1本6万円程)

当院では、発症してしまった方には、眼の中の注射を施行いたします。 そして、まだ発症していないがしかし将来なりそう、と予想される方々には、生活習慣、サプリメント、内服治療の組み合わせで、発症を出来るだけ食い止める治療をお勧めいたします。

糖尿病などの生活習慣病で発症する網膜症

糖尿病で起こる糖尿病網膜症は有名ですが、しかし、糖尿病を患っているにもかかわらず、眼底検査を実際、眼科に来てされておられる方は意外と多くはありません。

他に、網膜症は、高血圧、脂質異常症のような生活習慣病によって、眼の動脈ないし、静脈が詰まることで発症する病気もあります。

この網膜症というのは、黄斑を含め、眼の中にどこに起こしてもよいのですが、往々にして、全体的な眼の全体的な血流減少、病態を反映している場合が多いです。

糖尿病にしても、血管閉塞にしても、網膜症というのは、自覚症状に乏しく、また、あったとしても、症状が軽かった場合、受診に至らないケースも少なくありません。

当院では、糖尿病網膜症をチェックさせていただきました方全員に、糖尿病眼手帳(下)を発行し、ご病気を理解していただくため、また、内科の先生と連携を取るため毎回記載をさせていただいております。

当院では、ただ検査するだけではなく、血流改善薬、末梢神経機能改善薬などの内服・点眼治療を組み合わせて悪化予防、機能維持に努めます。

しかし、網膜症が芳しくない場合は、網膜光凝固術(レーザー治療)を適正な時期を逸することなく、将来的な眼の機能維持のために、行います。

そして、当院では、多くのレーザーを打つことも多い糖尿病網膜症の方にも優しい「イエロー」カラーのレーザーを揃えました。(多くの施設ではグリーン(こちらの方が低コスト)が多いのですが、網膜に対しての侵襲を考え、当院では、あえて、イエローにさせていただきました。)

そして、糖尿病でも網膜がむくむ(黄斑浮腫)が発症することがあり、その場合は、ステロイドを眼の横に注射したり、先ほどの眼の中に注射する治療を行います。

眼の機能を維持すると生活の質が改善し、脳機維持にもつながる。

~抗加齢学会専門医の立場から~

日本の総人口は平成20年(2008)前後をピークとして減少に転じました。

そして、高齢化率(65歳以上人口の総人口に占める割合)は平成19年(2007)に全人口の1/5以上の 21%(超高齢化の基準値)を超え、さらに、平成25(2013)年には、1/4以上の 25.1%(前年24.1%)を越えることとなりました。

我が国は、世界的に稀に見る超高齢化社会となっています。

そして、医療技術の発展も寄与し、我が国は世界1,2位を争う長寿国でもあります。

しかし、寿命が長くてもどれくらいの期間まで健康で快活に過ごせるのでしょうか?

以下に厚労省より発表されている調査結果をお示しします。

上記のように、男性は平均9年 女性は12年半くらい健康でない期間を経て寿命を終えることが分かります。

したがって、出来るだけ健康寿命を延ばすことで、この健康でない期間を短くし、社会全体を生き生きさせる。ということが大変重要になっております。

そして、その健康寿命を延ばすには、1.足腰の筋肉 2.脳機能維持 3.心肺機能が大事です。そのうちの、2.脳機能維持に、感覚の80%を司っている視機能(視る機能)の維持が重要な役割を果たしています。

これらを抗加齢医学として踏まえ、体の状態も鑑みながら皆様の眼の健康を守っていきたいと思います。