内斜視レクチャー

2月24日 愛知県眼科医会主催で、一宮の眼科やがさき医院の矢ケ崎先生(いつも中京病院でオーベンとしてお世話になっております。)の講義がありました。赤ちゃんでおきる内斜視は、特に乳児のときは緊急疾患である。という言葉が印象的でした。講義中にも引用論文、文献を示してくださっており、勉強するのであれば、勉強できるようにちりばめられた講義はとてもありがたかったです。

2017年3月17日 | カテゴリー : 勉強会 | 投稿者 : 上社眼科院長