漢方勉強会

7月22日(土)夜漢方の勉強会がありました。演者は和漢医薬学会 評議員の秋葉哲生先生です。日本は唯一保険適応で和洋の薬剤を処方できる国ですが、漢方については、10年前よりもずっと各診療科で使用されておられますが、生薬の内容が重なる場合、考えなければなりませんので、西洋薬と違い、その内容成分の構成、そして効能について考えなければなりません。まだまだ勉強中の私自身ですが、本日は、講演会で眼科で一辺倒に使われがちな処方より、内容を考えると違う方がよいことを学べました。そして、偶然にも研修時代に大変お世話になりました現在名古屋大学のICT(感染対策チーム)でご活躍の先生にたまたまお会いできました。多方面でご活躍されておられる先生にお会いでき、お話もお伺いできましたことは大変嬉しく、勉強になりました。これからも、どんどん進化する、発展する医療をご提供すべく、精進していこうと思います。

2017年7月26日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 上社眼科院長