第5回 TOKAI OPHTHALMIC ACADEMY 東海眼科学術会

遅くなりましたが、8月20日(日)に第5回TOKAI OPHTHALMIC ACADEMY が開催されました。夏の日曜というのに、大変多くの先生方がご参加されておられました。朝から夕方まで4題目あり、金沢大学准教授 小林顕先生による 角結膜疾患の治療によるワンポイントアドバイス、新潟大学教授 福地健郎先生による 緑内障治療に関わる諸問題、愛知淑徳大学教授 柏井聡先生による 急性視神経炎の診断と治療アップデート、 京都大学教授 辻川 明孝先生による 症例で学ぶ網膜循環疾患の病態と治療戦略 でした。蒼々たる先生の最新の治療そして研究のお話は大変勉強になりました。大学病院勤務より出ると、学術、そして研究と考察より離れてしまいがちですが、こういった学術講演会がありますと大変勉強になりますし、日々の臨床の中での考察がいかに大事かを気づかされます。今後とも勉強そして考察をしていきたいと思います。