硝子体手術の最新情報~Aichi Retina Meeting~

平成29年11月25日(土)Aichi Retina Meeting(愛知県網膜疾患の勉強会)が開催されました。名古そ屋大学眼科時代にお世話になりました浅見 哲先生(現 眼科三宅病院 副院長)が座長で名古屋大学眼科教室 講師 岩瀬 剛先生「網膜疾患と眼血流動態の変化」と、愛知医科大学 講師 草場喜一郎先生 座長つとめる 名古屋市立大学 准教授 安川 力先生の「光干渉断層計と人工知能を用いた黄斑疾患自動検出の試み」と、名古屋大学 准教授 伊藤 逸毅先生座長つとめる 横浜市立大学 教授 門之園 一明先生 による「網膜硝子体手術の最新トピックス」を拝聴して参りました。最新の機械では、網膜の眼血流の動態を色変化で見ることが出来ます。ご講演の中で本当に印象的だったのが、網膜中心動脈閉塞症という、眼の一番大事な網膜を栄養している血管(中心動脈)が閉塞(詰まって)しまう病気があり、詰まった瞬間しばらくは網膜の色合いなどが変わるために、詰まったことが分かるのですが、しばらくすると、状態によっては、網膜の色合いがもとに戻ってしまうので、見た目が分からなくなるという病気です。眼底検査では、分からなくても、光干渉断層計という網膜の断面を見る検査機械では、網膜がぺらぺらになって薄くなっている所見が認められますので、眼の動脈が過去に詰まったことが後々示唆されます。今回、岩瀬先生がお示しくださったのは、見た目に網膜血管がちゃんと眼底にあっても、血流はほとんどないという画像を見せていただいたことです。すごく印象的でした。演題2の安川先生によるご講演では、昨今取りざたされているAIが今後どこまで医師の仕事に関わるかというお話でした。ドクターXで取り上げられていたように、これからどのようにAIが関わり、医師の仕事がどのように変わっていくのか、というお話は印象的でした。最後の特別講演では、手術加療と網膜移植、そして、網膜中心動脈閉塞症の手術加療についてでした。門之園先生のご講演は私は初めて拝聴したわけですが、すごく面白かったです。一度実際の手術風景や手技などを実際に見学させていただいて目の当たりにしたいという思いが湧いてくる位でした。
眼科だけにとどまりませんが、現在の医療、そして技術の発展は本当に目覚ましい物があり、色々な検査機器がどんどん出てきます。
おそらくこういうことで起こっていたのであろう、と理論的に考えられ、予想されていた病態が、実際目の当たりに出来るようになりつつあります。今回は、保険診療のみに留まらない最新の医療に触れられて、本当に刺激的で、興味深いご講演でした。
また、明日からの診療に生かしていきたいと思います。

2017年11月28日 | カテゴリー : 勉強会, 未分類 | 投稿者 : 上社眼科院長