院長紹介

ごあいさつ


こんにちは。そして、初めまして。

私は 藤ヶ丘、本郷、上社 で生まれ育ち、幼少時より、地域の皆様の中で医療を通してこの地でお役に立つ仕事をしたいと願っておりました。

そして此の度、生まれ育ったこの土地で、たくさんのご協力、ご助力のお蔭で、「上社眼科」を開業させていただくこととなりました。

当院の大きな特徴として、「眼と体全体の状態の両方ケアする」があります。

「目は口程に物を言う」という言葉通り、目は「身体の様々な病気」および「未病」といわれる状態をよく反映することも少なくありません。(もちろん、全てではありませんが・・)

そういった観点から、眼科専門医の立場から眼ももちろん、体の状態も出来るだけ患者様にお尋ねし、近隣のクリニック、病院とも連携をとり、患者様と地域全体を通して、きめ細やかな医療をご提供していければと存じます。

患者様のたくさんの笑顔と、高い生活の質のために、

小さな症状から大きな症状まで、身近にご相談できるクリニックとなりますよう、職員共々努力をしていきますのでよろしくお願い申し上げます。

上社眼科  院長 伊藤 理恵

<資格>

日本眼科学会認定 眼科専門医

日本抗加齢医学会認定 抗加齢医学専門医

屈折矯正認定専門医 視覚障害者用補装具適合判定医師 

協力難病指定医  舌下免疫療法認定医

<所属学会> 

日本眼科学会・日本眼科手術学会・日本弱視斜視学会

日本抗加齢学会・日本アレルギー学会・日本コンタクトレンズ学会

連 携 病 院

経 歴

  • 1991年 市立藤ヶ丘小学校卒業
  • 1997年 私立南山女子中学、高等学校卒業
  • 2004年 国立滋賀医科大学医学部医学科卒業
  • 2007年 名古屋記念病院 臨床研修 修了 
  • 2007年 名古屋大学 眼科学教室入局
  • 2008年 中部ろうさい病院 眼科(2013~医長)
  • 2014年 社会保険(現JCHO) 中京病院 眼科 等

    大学在学中~名古屋記念病院では、海外臨床留学、研修を通して、身体の総合的な診察、疾患等の診療を行い、

    その後、眼科学専攻後、名古屋大学、中部ろうさい病院にて、眼科一般(白内障、緑内障、網膜硝子体(糖尿病網膜症など))および眼窩形成の外来、手術に従事し、 

    その後、現在、社会保険(現JCHO)中京病院にて、東海圏では専門の医師の数が少ない、角膜専門医、斜視弱視、小児眼科専門医の下で、また、緑内障、白内障、網膜硝子体、眼科形成の専門医の最先端のスペシャリストの下で、診療に従事しております。

    (水曜日午後は中京病院眼科外来で診療に従事致しますので、休診とさせていただきます。尚、午前は12時受付終了となります。)