小児眼科

小児眼科について

小児眼科について

他の部位の病気と同じように、目にも特に子どもがかかりやすい病気があります。これらの病気は早期治療で治るものが多いので、もし少しでもお子様の目に異常を感じましたら、お早めにご相談ください。

小さいお子様は自分で見えにくさを説明することができません。また、片目だけでも見えていると、本人に自覚症状のない場合もあります。テレビを見るときの距離や普段の会話から、保護者の方がお子様の目の異常に注意してあげてください。

斜視とは

斜視

片方の目が外側か内側を向いている、あるいは左右の目の高さが違う状態が斜視です。斜視になると、片方の目は無意識に使わなくなるため、弱視を併発することが多くなります。お子様の目の向きが気になる場合は、早めに眼科医に診てもらいましょう。

斜視は早期に治療を始めれば、訓練で改善することがあります。ただし、ある程度の年齢になると、目を引っ張っている筋肉の一部を切る処置が必要です。

弱視とは

弱視

私たちの目は、生後半年くらいで急激に神経が発達し、6歳くらいまでに大人と同じ見え方になります。弱視とは、この時期に何らかの理由で視神経が発達せず、見えにくいままになっている状態です。

弱視は成長が止まる前に治療を行えば、多くの場合、問題のない状態まで視力が発達します。お子様が、両目では見えていても片目では見づらそうなときは、弱視の可能性があります。早めに検査を受けるようにしましょう。

遠視・近視・乱視について

遠視・近視・乱視

外から入ってきた光は角膜で屈折し、水晶体でピントを合わせて、網膜に像が結ばれます。その像は視神経から脳に伝えられます。

そのときに、網膜にピントの合った正しい像が結ばれない状態を、「屈折異常」といいます。

屈折異常には近視・遠視・乱視があり、近視は網膜の前で像が結ばれる状態、遠視は網膜の後ろに像が結ばれる状態、乱視は角膜がラグビーボールのようになって縦と横のピントが合わない状態です。

お子様の治療で大切にしていること

お子様の治療で大切にしていること

お子様たちはいつも元気いっぱいで、集中力が長続きするわけではなく、ほかに気が向いてしまうことも多くあります。また、大人と違い、成長に伴う変化が大きいという特徴もあります。

当院では、スタッフ一同がお子様一人ひとりの成長段階を踏まえ、関わることを心がけています。

ご予約・お問合せは
お気軽に

名東区上社にお住いの方で目のことでお困りでしたらご相談ください。
手術対応 | 土曜午前診療あり | 地下鉄東山線「上社駅」・「本郷駅」から徒歩10分 | 駐車場あり

pagetop