cheap nfl jerseys
Lamar Jackson jersey
Lamar Jackson jersey
Patrick Mahomes jersey
Tua Tagovailoa jersey
Joe Burrow jersey
George Kittle jersey
Nick Bosa jersey
Cam Newton jersey
Drew Brees jersey
Christian McCaffrey jersey
Russell Wilson jersey
Aaron Donald jersey
DeAndre Hopkins jersey
Michael Thomas jersey
Cincinnati Bengals jerseys
Kansas City Chiefs jerseys
Dallas Cowboys jerseys
Miami Dolphins jerseys
Baltimore Ravens jerseys

最先端の血液検査

当院で受けられる検査

当院で受けられる検査

アレルギー簡易検査、アレルギー採血検査、脳梗塞リスクマーカー、MCIスクーリング検査(認知症予防のための血液検査)、パナシー検査(すい臓がんのリスクを調べる血液検査)を受けることができます。

検査の必要性

病気になる手前には、「未病」の段階があります。この段階でご自身にある病気のリスクを把握し、正しく対処しておけば、病気を防ぐことができます。

特に、脳梗塞リスクマーカー、MCIスクリー二ング検査、パナシー検査でわかる病気は、未病の段階が長いものです。検査でリスクを明らかにし、必要に応じた治療を早期に行えば、健康を保つ効果があるでしょう。

脳梗塞リスクマーカー

脳梗塞リスクマーカー

脳梗塞リスクマーカーは、血液中の細胞障害物質と炎症マーカーおよび年齢因子より、無症候性脳梗塞(かくれ脳梗塞)の可能性を探る検査です。

無症候性脳梗塞があると、脳卒中の発症率が高くなります。
無症候性脳梗塞を早期に発見し、未病のうちにリスク因子の治療など生活改善を行いましょう。

MCIスクリー二ング検査

スクリーニング検査

社会問題と言われている認知症を早期発見致します。

認知症の前段階である軽度認知障害(MCI)のリスクを調べることのできる血液検査です。

最近の研究では、MCIの段階で適切な予防や治療を行えば、認知症の発症を防いだり遅らせたりすることが可能だといわれています。

ApoE遺伝子検査

ApoE遺伝子検査とは、遺伝子から認知症のリスクを調べる検査です。日本における認知症の過半を占めるとされているのが、アルツハイマー型認知症です。

アルツハイマー型認知症はアミロイドベータペプチドという老廃物が脳内に蓄積し、神経細胞がダメージを受けることで発症します。
このアミロイドベータペプチドの蓄積に大きく関わっているとされているのが、ApoE遺伝子のタイプです。

遺伝子のタイプはε(イプシロン)2、ε3、ε4が2つ一組で6パターンの遺伝子型を構成しており、本検査ではどのタイプの遺伝子を有しているかを判定しています。

膵臓癌リスク検査

膵臓癌リスク検査とは、すい臓がんのリスクを調べる血液検査です。
すい臓がん患者の血中で特異的に減少する、長鎖脂肪酸PC-594という物質を測定し、すい臓がんのリスクを判別します。

採血のみの簡単な検査で、早期治療へのきっかけとしてご利用になれます。

乳がんリスク検査

乳がんリスク検査では血液中に存在しているマイクロRNAという物質を測定します。

がん細胞が存在する際には、特定のマイクロRNAが増減することが明らかになっています。

本検査では乳がん患者で特異的に増減する数種類のマイクロRNAを測定し乳がんのリスクを調べます。

アレルギー簡易検査

アレルギー疾患治療の基本は、原因抗原除去・回避と薬物療法です。

当院では、指先から採取する少量の血液によって判定する、アレルギーの迅速検査を実施しています。この検査では、アレルギーの原因となる主なアレルゲン8項目についての反応の有無がわかります。

20分ほど待てばその場で結果が出るため再来院の必要がなく、痛みもほとんどないのでお子様が泣くこともめったにありません。気軽に安心して検査を受けていただけます。

※保険診療内で可能です。

アレルギー採血検査

アレルギー採血検査

目のアレルギー症状で来院された場合でも、診察の結果、全身の治療が必要になるケースは少なくありません。ご自身の健康を守るためには、アレルギーを引き起こす物質を特定しておくことが大切です。

当院ではアレルギースクリーニングを幅広く行い、今まで原因がはっきりしていなかった方、気になっていたけれど原因を特定するまでに至らなかった方の採血検査を行っています。

アレルギーとひとくちに言いましても、軽度の方から重症の方まで症状はさまざまです。
重症の方、内科医による診察の必要がある方は、内科の先生と連携して治療に当たります。

※保険診療内で可能です。

舌下免疫療法​

舌下免疫療法

アレルギーの原因であるアレルゲン(治療薬)を舌の下に少量投与することで、体をアレルゲンに慣らし、アレルギー症状の緩和や日常生活への影響を改善する治療方法です。

自宅でできるため手軽ですが、服用量や服用方法、副作用への対応などを、患者様にしっかりと理解していただく必要があります。

効果と注意点
舌下免疫療法

現在はスギ花粉症とダニアレルゲンの通年性アレルギー性鼻炎のみ、保険が適用されます。
治療には長い期間がかかります。(3~5年)

また、すべての患者様に効果が期待できるわけではありません。

ご予約・お問合せは
お気軽に

名東区上社にお住いの方で目のことでお困りでしたらご相談ください。
手術対応 | 土曜午前診療あり | 地下鉄東山線「上社駅」・「本郷駅」から徒歩7分 | 駐車場あり

pagetop